2021-02-21

王維 「酒を酌みて裴迪に与う」( Wang Wei 酌酒與裴迪)


A poem by Wang Wei (Chinese: 王維; 699–759)from Tang dynasty (618–690, 705–907)

王維

酌酒與裴迪

(読み下し文)

酒を酌みて裴迪(はいてき)に与う

酒を酌んで君に与う 君自ら寛うせよ
人情の翻覆 波瀾に似たり
白首の相知も 猶劍を按じ
朱門の先達 彈冠を笑う
草色 全く細雨を經て濕い
花枝 動かんと欲して春風寒し
世事は浮雲 何ぞ問うに足らん
如かず 高臥し且つ餐を加えんには

(現代語訳)

酒をついで君に差し上げる。君、気分をゆったりさせたまえ。人情がくるくるひっくり返ること、陸機さんじゃないがまるで波のよう。とも白髪の友人同士すら、剣のつかに手をかけあい、先に出世したお偉方は、ひきを待つ友人をあざ笑う有様。俗物の雑草は、全て細やかな雨にあってつやつや。高雅な枝の花は、開こうとするのに春風は冷たい。世の中の事は浮き雲。とやかくいうには足りないよ。けちな世俗に超然とし栄養をつけることさ。



2021-01-16

幸田露伴『風流仏』発端 如是我聞 / Love Bodhisattva - Prologue [Thus have I heard...] by Rohan KODA


「三尊四天王十二童子十六羅漢さては五百羅漢、までを胸中にめて小刀に彫り浮かべる腕前に…

…木曾路に入りて日照山桟橋寝覚後になし須原宿にけり。」

E-Text is available at Aozora bunko

2020-12-14

宮沢賢治『雨ニモマケズ』 Be not Defeated by the Rain by Kenji MIYAZAWA


This recording was made possible by the supporters at my private club.


雨ニモマケズ 
風ニモマケズ 
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ 
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ 
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ 
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ 
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病氣ノコドモアレバ 
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ 
行ッテソノ稻ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ 
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ 
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

https://en.wikipedia.org/wiki/Ame_ni_mo_Makezu

2020-12-05

「港」ボードレール(日本語・フランス語) Le Port - Baudelaire ( JP and FR )


This recording was made possible with the support of members at Patreon. 

  
( ボードレール 富永太郎訳  )

港は人生の闘に疲れた魂には快い住家(すみか)である。空の広大無辺、雲 の動揺する建築、海の変りやすい色彩、燈台の煌き、これらのものは眼をば決して 疲らせることなくして、楽しませるに恰好な不可思議な色眼鏡である。調子よく波 に揺られてゐる索具(つなぐ)の一杯ついた船の花車(きやしや)な姿は、魂の中にリズムと美とに対する鑑識を保つのに役立つものである。とりわけ、そこには、出発 したり到着したりする人々や、欲望する力や、旅をしたり金持にならうとする願ひ を未だ失はぬ人々のあらゆる運動を、望楼の上にねそべつたり防波堤の上に頬杖つ いたりしながら眺め、もはや好奇心も野心もなくなつた人間にとつて、一種の神秘 的な貴族的な快楽があるものである。


LE PORT

Un port est un séjour charmant pour une âme fatiguée des luttes de la vie. L’ampleur du ciel, l’architecture mobile des nuages, les colorations changeantes de la mer, le scintillement des phares, sont un prisme merveilleusement propre à amuser les yeux sans jamais les lasser. Les formes élancées des navires, au gréement compliqué, auxquels la houle imprime des oscillations harmonieuses, servent à entretenir dans l’âme le goût du rythme et de la beauté. Et puis, surtout, il y a une sorte de plaisir mystérieux et aristocratique pour celui qui n’a plus ni curiosité ni ambition, à contempler, couché dans le belvédère ou accoudé sur le môle, tous ces mouvements de ceux qui partent et de ceux qui reviennent, de ceux qui ont encore la force de vouloir, le désir de voyager ou de s’enrichir.

https://fr.wikisource.org/wiki/Le_Port

2020-11-15

「プラド美術館の三時間」より抜粋 on Velázquez by Eugenio d'Ors



This recording was made possible with the support of members at Patreon.

2020-10-15

Introducing "Japan Experts" Podcast by Miyuki SEGUCHI


Transcript


Hello, I’m Kasumi Kobayashi. Thank you for listening Japanese classical literature audiobooks. 

Today, I’d like to introduce a new podcast created by Mme Miyuki Seguchi, who is a journalist and licensed guide. A couple of days ago, I had a chat with her and was impressed by her passion for exploring and sharing Japanese culture worldwide. 


My dear listeners, Japanese tradition is declining and approaching its extinction parallel to its aging population. Many skilled masters of traditional arts and crafts have no heir. 


But the hope is, we have an ardent person like Miyuki, who is excellent in presenting authentic - still alive - tradition in Japan ! If you are interested and eventually visit Japan to go to, for example, Japanese Puppet Theatre 人形浄瑠璃, you’d save it from disappearance. 


Her podcast, Japan Experts, is reachable via iTune and other platforms.

https://anchor.fm/japan-experts

Thank you for listening and have a good day !



2020-10-04

Three poems from Misuzu KANEKO

八百屋のお鳩

おや鳩子ばと
お鳩が三羽
八百屋の軒で
クックと啼いた。

茄子はむらさき
キャベツはみどり
いちごの赤も
つやつやぬれて。

なあにを買おうぞ
しィろいお鳩
八百屋の軒で
クックと啼いた。

二つの草

 ちいさい種は仲よしで、 
いつも約束してました。
「ふたりはきっと一しょだよ、 
ひろい世界へ出る時は。」  

けれどひとりはのぞいても、 
ほかのひとりは影もなく。
あとのひとりが出たときは、 
さきのひとりは伸びすぎた。  

せいたかのっぽのつばめぐさ、 
秋の風ふきゃさやさやと、 
右に左に、ふりむいて、 
もとの友だちさがしてる。 
ちいさく咲いた足もとの、 
おみこし草を知りもせず。

折り紙遊び

あかい、四角な、色紙よ、
これで手品(てづま)を使いましょ。

私の十(とお)のゆびさきで、
まず生まれます、虚無僧が。

みるまに化ります、鯛の尾に、
ほらほら、ぴちぴちはねてます。

鯛もうかべば帆かけ舟、
舟は帆かけてどこへゆく。

その帆おろせば二艘舟、
世界のはてまで二艘づれ。

またもかわれば風ぐるま、
ふっと吹きましょ、まわしましょ。

まだも変わってお狐さん、
コンコン、こんどはなんに化きょ。

そこで化けます、紙きれに、
もとの四角な色紙に。

なんてふしぎな紙でしょう、
なんて上手な手品(てづま)でしょう。

Many thanks for the supporters at Patreon who keep me motivated !


2020-09-02

Ten Nights of Dreams by NATSUME Soseki – The First Night


夢十夜 


第一夜

こんな夢を見た。
腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。……

e-text at Aozora Bunko: (http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/799_14972.html)