2021-03-27

寺田寅彦「夏目先生の自然観」Soseki's View on Nature by Torahiko TERADA



" In Soseki's heart, nature and people are interwoven with." Torahiko observes.

2021-03-13

柳田國男について On Kunio YANAGITA (short introduction)


This recording was made possible by the support from my club 南風舎 at Patreon.
このエピソードは、私の私的文学クラブの皆様の応援によります。ここに感謝の意を表します。

Transcript

皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

「その発祥から屍臭の漂う学問であった」、と三島由紀夫が言う学問は何かご存知ですか。シシュウと言うのは、ここでは死んだ人の身体、屍の臭いの事です。答えは民俗学です。今回は、日本人の魂を追ったフィールドワーカー、民俗学の父と呼ばれる柳田國男を紹介したいと思います。


柳田國男は1875年に兵庫県に生まれました。泉鏡花より二歳、年下です。子供の頃、医者で文学好きな親戚がいて森鴎外と友人だったので、森鴎外の家に遊びにいったりしていました。甘党の森鴎外のうちで出るお菓子が、柳田少年には魅力だったようです。

柳田國男は40代半ばまで、エリート高級官僚として働きながら、地方を旅して日本の民話や風習を調べました。

それでは柳田國男の作品を紹介します。


『遠野物語』 初版350部限定で自費出版されました。当時十八歳だった芥川龍之介はこれを読んで、柳田國男の愛読者となったようです。書痴と言われるまでの愛書家であり、中国人で日本に留学していた周作人もこれを入手して高く評価しています。

遠野物語は、佐々木喜善が柳田國男に故郷の遠野で見聞きしたことを、現在の事実として語った、それを忠実に書き起こしたものだという説明から始まります。因みに佐々木喜善は日本の昔話を集め、のちに「日本のグリム」と呼ばれるようになります。

遠野物語は格調高い文語体で書かれているので、読むのがちょっと難しい。しかし文語には口語体には無い独特の力があるので、柳田國男はあえてこの文体を選んだようです。確かに柳田國男の文語は、口語にはない雰囲気を伝えてきます。三島由紀夫はこの作品を小説として長年読んでいいて、興味深い紹介文を残していますので、今度読みたいと思います。


『書物を愛する道』 ここに書かれている、「本を読むということは、大抵の場合には冒険である」と言うのには全く同感です。ところで昔は、本の外観や色から内容の検討がついたのが便利だったというのは面白い。例えば地方に行って本屋で占めている色を見れば、その場所の知的・文化レベルをある程度察する事が出来たというわけです。


『故郷七〇年』 柳田國男がどういう風に育ち生きて来たかを、その時分の背景と共に語ります。文学の思い出や交友録には、泉鏡花や森鴎外、尾崎紅葉が出てきて楽しいものになっています。

 

 ではまた。

2021-03-06

Introducing my club at Patreon - 南風舎


Hello, Kasumi Kobayashi here. 
Today, I’d like to introduce my Patreon club, 南風舎. 

Patreon site is the only place I’m expressing my feelings and emotions, together with readings. And keeping all of my new audiobooks. 

Spoiler alert ! The main language is Japanese and it costs about a cup of tea, 3 USD in a month. 
I’m limiting membership up to 47 to void making it so called side-business. 
22 seats are taken by generous listeners as of today. 

If you’d like more longer readings, please visit my Patreon site. Although I’m not photogenic, I sometimes post a video as bonus contents. 

See you soon !

2021-02-27

ギリシア奇談集より「ソクラテスの豪胆と無欲」On Socrates' boldness and disinterestedness.


ある日ソクラテスは食事に招かれ、夜も既に更けてから帰宅しようとしていた。…

Text : 『ギリシア奇談集 (岩波文庫)』第9巻二九 ソクラテスの豪胆と無欲

Original text : Poikile historia (9-29) by Aelianus 

I sometimes wish I could be more disinterested in kimono ...but then there are so many beautiful ones !...

2021-02-21

王維 「酒を酌みて裴迪に与う」( Wang Wei 酌酒與裴迪)


A poem by Wang Wei (Chinese: 王維; 699–759)from Tang dynasty (618–690, 705–907)

王維

酌酒與裴迪

(読み下し文)

酒を酌みて裴迪(はいてき)に与う

酒を酌んで君に与う 君自ら寛うせよ
人情の翻覆 波瀾に似たり
白首の相知も 猶劍を按じ
朱門の先達 彈冠を笑う
草色 全く細雨を經て濕い
花枝 動かんと欲して春風寒し
世事は浮雲 何ぞ問うに足らん
如かず 高臥し且つ餐を加えんには

(現代語訳)

酒をついで君に差し上げる。君、気分をゆったりさせたまえ。人情がくるくるひっくり返ること、陸機さんじゃないがまるで波のよう。とも白髪の友人同士すら、剣のつかに手をかけあい、先に出世したお偉方は、ひきを待つ友人をあざ笑う有様。俗物の雑草は、全て細やかな雨にあってつやつや。高雅な枝の花は、開こうとするのに春風は冷たい。世の中の事は浮き雲。とやかくいうには足りないよ。けちな世俗に超然とし栄養をつけることさ。



2021-01-16

幸田露伴『風流仏』発端 如是我聞 / Love Bodhisattva - Prologue [Thus have I heard...] by Rohan KODA


「三尊四天王十二童子十六羅漢さては五百羅漢、までを胸中にめて小刀に彫り浮かべる腕前に…

…木曾路に入りて日照山桟橋寝覚後になし須原宿にけり。」

E-Text is available at Aozora bunko

2020-12-14

宮沢賢治『雨ニモマケズ』 Be not Defeated by the Rain by Kenji MIYAZAWA


This recording was made possible by the supporters at my private club.


雨ニモマケズ 
風ニモマケズ 
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ 
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ 
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ 
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ 
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病氣ノコドモアレバ 
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ 
行ッテソノ稻ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ 
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ 
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

https://en.wikipedia.org/wiki/Ame_ni_mo_Makezu

2020-12-05

「港」ボードレール(日本語・フランス語) Le Port - Baudelaire ( JP and FR )


This recording was made possible with the support of members at Patreon. 

  
( ボードレール 富永太郎訳  )

港は人生の闘に疲れた魂には快い住家(すみか)である。空の広大無辺、雲 の動揺する建築、海の変りやすい色彩、燈台の煌き、これらのものは眼をば決して 疲らせることなくして、楽しませるに恰好な不可思議な色眼鏡である。調子よく波 に揺られてゐる索具(つなぐ)の一杯ついた船の花車(きやしや)な姿は、魂の中にリズムと美とに対する鑑識を保つのに役立つものである。とりわけ、そこには、出発 したり到着したりする人々や、欲望する力や、旅をしたり金持にならうとする願ひ を未だ失はぬ人々のあらゆる運動を、望楼の上にねそべつたり防波堤の上に頬杖つ いたりしながら眺め、もはや好奇心も野心もなくなつた人間にとつて、一種の神秘 的な貴族的な快楽があるものである。


LE PORT

Un port est un séjour charmant pour une âme fatiguée des luttes de la vie. L’ampleur du ciel, l’architecture mobile des nuages, les colorations changeantes de la mer, le scintillement des phares, sont un prisme merveilleusement propre à amuser les yeux sans jamais les lasser. Les formes élancées des navires, au gréement compliqué, auxquels la houle imprime des oscillations harmonieuses, servent à entretenir dans l’âme le goût du rythme et de la beauté. Et puis, surtout, il y a une sorte de plaisir mystérieux et aristocratique pour celui qui n’a plus ni curiosité ni ambition, à contempler, couché dans le belvédère ou accoudé sur le môle, tous ces mouvements de ceux qui partent et de ceux qui reviennent, de ceux qui ont encore la force de vouloir, le désir de voyager ou de s’enrichir.

https://fr.wikisource.org/wiki/Le_Port

2020-10-15

Introducing "Japan Experts" Podcast by Miyuki SEGUCHI


Transcript


Hello, I’m Kasumi Kobayashi. Thank you for listening Japanese classical literature audiobooks. 

Today, I’d like to introduce a new podcast created by Mme Miyuki Seguchi, who is a journalist and licensed guide. A couple of days ago, I had a chat with her and was impressed by her passion for exploring and sharing Japanese culture worldwide. 


My dear listeners, Japanese tradition is declining and approaching its extinction parallel to its aging population. Many skilled masters of traditional arts and crafts have no heir. 


But the hope is, we have an ardent person like Miyuki, who is excellent in presenting authentic - still alive - tradition in Japan ! If you are interested and eventually visit Japan to go to, for example, Japanese Puppet Theatre 人形浄瑠璃, you’d save it from disappearance. 


Her podcast, Japan Experts, is reachable via iTune and other platforms.

https://anchor.fm/japan-experts

Thank you for listening and have a good day !



2020-09-02

Ten Nights of Dreams by NATSUME Soseki – The First Night


夢十夜 


第一夜

こんな夢を見た。
腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。……

e-text at Aozora Bunko: (http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/799_14972.html)